お葬式の大変な準備

お葬式の大変な準備 大切な人が亡くなった場合、必ずお葬式を行う必要があります。しかし、準備はとても大変で、悲しむ暇もなく慌ただしくなります。また、初めてお葬式を行う場合は、慣れないことからより戸惑ってしまう人が多いのが現状です。お葬式となると、通夜、葬儀、告別式の流れを把握するのはもちろん、通夜料理や精進料理などの準備も行う必要があります。また、お葬式が終わったあとには、香典返し、保険、年金、相続といったようにやらなければいけないことが次から次へとやってきます。

特に、喪主になった場合は、これらの流れの責任を全てかぶることになるだけではなく、会館などの都合のチェックをする必要があります。そのため、ご近所や参列者に気を遣ってしまい、気疲れを起こしてしまう喪主も少なくありません。最悪の場合は、気を遣いすぎることで、体調を崩してしまう人もでてくるほど、お葬式の準備は大変なものです。しかし、ある程度のマナーを把握しておかなければ、参列者への感謝の気持ちを表すこともできず、失礼に当たってしまうことがあります。

お葬式を行ううえで、気を遣わなければいけないのは、参列者だけではありません。住んでいたご近所にも挨拶周りをする必要があります。お葬式というのは、故人を送る大切な儀式の1つでもあります。大切な人が亡くなった悲しみとともに、せわしなくやってくる準備によって、自分のことしかみれなくなってしまうことも珍しくはありません。また、しっかりとご近所や参列者に気を遣っているつもりでも、お葬式をきっかけについつい評判を落としてしまうこともあります。

例えば、お葬式の際にご近所にお手伝いを頼んだとしても、快く思わない人もいます。この状況を避けるために、あらかじめお願いしても迷惑ではないか、という確認をする必要があります。しかし、逆にお手伝いをお願いしなかった場合でも、お葬式によって出入りが多くなるとご近所に迷惑をかけてしまうことがあります。ご近所に不快な思いをさせないためにも、あらかじめ早めに挨拶周りをするということが大切となります。

また、挨拶をしっかりとしたとしても、遺族としては一大事となる日でも、ご近所にとっては日常生活の一部分でしか過ぎないことが多いです。そのため、気づかないところで迷惑をかけているかもしれないという気持ちをもっておくことが大切です。大切な1日となる日だからこそ、お互いに思いやりを持って助け合うのがいいのですが、長い付き合いになるからこそ、臨機応変に対応していきましょう。

最新ニュース